Web Service

GCP CentOS7上にApacheを導入してwebサーバー化

環境はCentOS7です。

httpdをインストール

sudo yum install -y httpd php

下記の記事曰く、下記のコマンドだとphpもApacheも一括でインストールできて便利
PHPを使わない場合はそのままでOK

http://mizushima.ne.jp/Linux/httpd/Apache.php

sudo yum install -y php-mbstring

(ちなみに、libzipも一緒にインストールされる。)

デフォルトの設定ファイルの場所

sudo vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

Apacheサーバーの起動

sudo systemctl start httpd.service

GCP CentOS7にapache php phpMyAdminを導入する

CentOS7にApacheとPHP、それとMySQLを管理するためのPHPMyAdminの導入。

ApacheやPHP関連のパッケージのインストール

ApacheやPHP関連のパッケージのインストール

yum install httpd php php-fpm php-mbstring -y

※環境によっては sudo 必要

MiraiDBのインストール

yum install mariadb mariadb-server -y

設定ファイルを編集して文字コード指定。

vi /etc/my.cnf
character-set-server=utf8
systemctl enable mariadb
systemctl start mariadb

初期設定(パスワードとか)

mysql_secure_installation

mariadbにログイン

mysql -u root -p

phpMyAdminでのアクセス用にアカウント作成

create user USERNAME@localhost identified by ‘PASSWORD’;

全権限ユーザーを作る場合(必要ならば)

grant all privileges on *.* to USERNAME@localhost identified by ‘PASSWORD’;

phpMyAdminのインストール
remi? がインストールされていないと、yumでインストールができないみたい。

yum install epel-release -y
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
yum install phpMyAdmin -y
mv /usr/share/phpMyAdmin /usr/share/sqladmin
mv /usr/share/sqladmin /var/www/html

http://www.unix-power.net/centos7/mariadb.html
http://qiita.com/100/items/8e9d9540845cc23e6111

の流れでインストールできた。
httpd の設定の編集だとうまいこといかないから。
ディレクトリの名前を変更した上で、/var/www/html の下層に入れます。
phpmyadmin.confの設定で、ディレクトリを変えてしまうとPermissionErrorになります。

/etc/httpd/conf.d/phpmyadmin.conf のファイル名を phpmyadmin.conf.bak とかに変更して読み込ませなくしてしまえば、別にディレクトリ名はphpMyAdminのままでも平気です。

でディレクトリを移動させてconfにはもう触らない。。。。

ムームードメインで取得したドメインをGoogleCloudPlatform(GCP)と紐付ける方法

ムームードメインで取得したドメインと、GoogleCloudPlatform(GCP)のCompute Engineで用意したインスタンスの外部IPアドレスを連結させて、独自ドメインでGCPのサーバーにアクセスしてくれるように設定します。

GCPで作ったサーバーの外部IPアドレスを確認する

Google Cloud Platform のトップページから「コンソール」へ移動

右上のハンバーガーメニューから「Compute Engine」へ移動

作成しているVMインスタンスの一覧のページが表示されます。
テーブル表示されている中の、右から2つ目に外部IPアドレスが表示されます。

ムームードメインからDNS設定を変更する

ムームードメインの管理画面にログインして、サイドのメニューの中にある「ドメイン管理>ドメイン操作>ムームDNS」に移動します。
取得しているドメインの一覧が表示されますので、その中からGCPに適用させたいドメインの変更をします。

設定1のホームページ設定のサービスを「利用しない」に設定します。

設定2のサブドメインを空白にして、種別を「A」に変更。そしてGCPの管理画面から取得したIPアドレスを「内容」に入力してセットアップ情報変更をします。

以上で設定は完了です。

選択できる種別が「A,AAAA,MX,CNAME,TXT,SRV」と複数ありますが、
その説明については、下記のブログの説明がとてもわかりやすかったので、興味のあるかたはぜひ。

DNSレコードってなんだ?

【ASP】ASPってそもそも何の略なのか

こんにちは。中村です。
アフィリエイトが有名になって久しいですが、それにともなって「ASP」という言葉が多く使われるようになりました。主にアフィリエイト界隈のことで使われる用語ですが、違う側面も持っている単語なので、改めて認識するためにまとめました。

続きを読む

【CSS3 / Webフォント】コピペで使える見出し用Google Fontsまとめ

かっこいいデザインのサイトを作るときに、レイアウトや配色と同じくらい大事な「フォント」。Webフォントが普及していて、最近はもっぱらGoogle Fontsに依存しているのですが、その中で、僕が独断と偏見で「見出しに使える!」と感じたフォントをまとめました。

続きを読む