bitnami wordpressでphpmyadminをブラウザから使えるようにする

Pocket
LINEで送る

bitnami wordpressのデフォルトの設定では、
phpmyadminが既にインストールされているのですが、
ブラウザからphpmyadminを直接利用することができません。

DBを修正したり確認するのに、リモートでブラウザからphpmyadminにアクセスしたい人のために
phpmyadminをブラウザから参照できるように変更する方法を紹介します。

まずは、gcloudコマンドでterminalからインスタンスにアクセスします。

$ gcloud compute --project "YOUR PROJECT ID" ssh --zone "YOUR ZONE" "YOUR INSTANS NAME"

ログインが完了したら、設定ファイルが保存されているディレクトリに移動します。
bitnami wordpressでは、webサーバーでapacheを採用しています。
phpmyadminに関するapacheの設定ファイルは、apps/phpmyadmin/の中に存在するので、下記のコマンドを入力します

$ cd ./apps/phpmyadmin/conf/

httpd-app.conf がphpmyadminに関するapacheの設定ファイルです。
このまま編集してしまうことも可能なのですが、一応バックアップを残しましょう。

$ cp httpd-app.conf  httpd-app.conf.bak

設定ファイルを開きます。

$ vi httpd-app.conf

vimでhttpd-app.confが開かれます。
vimの操作方法は特殊なので、わからない方は、「vim 使い方」などで調べておいてください。

<IfVersion < 2.3 >
Order allow,deny
Allow from 127.0.0.1
Satisfy all
</IfVersion>
<IfVersion >= 2.3>
Require local
</IfVersion>

デフォルトの設定では、ローカルのアドレスからしか表示を受け付けない設定になっています。
これを下記のように書き換えて、ローカル以外のアクセスを許可します

<IfVersion < 2.3 >
Order allow,deny
Allow from all
Satisfy all
</IfVersion>
<IfVersion >= 2.3>
Require all granted
</IfVersion>

設定ファイルの保存が完了したら、apacheの再起動を行います。
apacheの再起動には、bitnamiのフォルダにスクリプトが用意されているので、こちらを実行します。

$ cd /opt/bitnami
$ sudo ./ctlscript.sh restart apache

これで完了です。ブラウザからアクセスができるようになっていることが確認できるかと思います。

SNSでもご購読できます。

Bitnami