楽天からの移行で懸念すべてき事項

  • キャッチコピーに楽天独自のテキストが入っていないか
  • サイト内に楽天独自のテキストが入っていないか
  • 金額は楽天と同額で問題ないか
  • 在庫点数はどうするか
  • 支払い方法は違わないか

 

CSVでの一括アップロード

楽天RMSから下記CSVをダウンロード

  • 全商品データ(商品登録に使用)
  • カテゴリデータ(商品のカテゴリ紐付けに使用)

CSV登録情報

path

楽天のカテゴリデータから「¥」を「:」に置き換えて利用。

name

商品名(75名以内)

(楽天独自のテキストが入っていないか注意)

code

商品コード

楽天の代表商品cdと合わせておくと、あとで画像の登録が楽

price

税抜きか税込みか注意

jan

JANコード、CSV編集だと文字化けするので注意

 

画像について

画像はCSVで楽天の画像を一括保存する。
楽天のCSVから A列;商品ID B列:画像URL(1つ)
を作って保存しておく。

そして下記コード実行(python

#-*- coding: utf-8 -*-
import sys, urllib
import os.path
import re
import csv

# ----- option ------
filename = "imgget.csv" # 参照するcsvのファイル名
# ----- ----- ------
def download(itemcode,url):
 print itemcode + ' / ' + url
 img = urllib.urlopen(url)
 localfile = open( itemcode, 'wb')
localfile.write(img.read())
 img.close()
 localfile.close()

# csvを読み込んで列ごとに実行
file = filename
f = open(file,"rU")
reader = csv.reader(f)
for row in reader:
 # 1行ごとに関数実行
 itemcode = row[0]+'.jpg'
 url = row[1]

download(itemcode,url)
f.close()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください