無料で利用できるSERPOSCOPEを、Webサーバーで運用するための手順を紹介します。

SERPOSCOPEとは

無料で利用できる検索順位チェックツールで、登録したキーワードのGoogleでの検索順位を監視して、登録したウェブサイトのランキングを可視化してくれます。

オープンソースになっていて、カスタマイズしてbuildすることも可能なようです。

Official site|SERPOSCOPE

Github|SERPOSCOPE

サーバー環境

  • Debian 9.4
  • Apache/2.4.33
  • JDK 1.8.0_171
  • SERPOSCOPE 2.9.0

今回は、GCPのCloud Launcherの「LAMP Certified by Bitnami」を使ってインスタンスを建てました。

Java8 をインストール

SERPOSCOPEを動かすためには、Java8が必要です。

debian 9に java8 をインストール

sudo apt-get install default-jre
java -version

How to Install Java 8 on Debian GNU/Linux 9 (Stretch)

SERPOSCOPEのダウンロード

wgetでSERPOSCOPE 2.9.0のjarファイルをダウンロードします。

wget https://serposcope.serphacker.com/download/2.9.0/serposcope-2.9.0.jar

動くかどうかチェックします。

sudo java -jar /HOMEDIR/serposcope-2.9.0.jar

Apacheの設定を調整

リバースプロキシを設定して、外部IPやドメインでアクセスされた時に、
ローカルIPアドレスへのリクエストを返すようにする。

Apacheの設定ファイルを変更します。
※私はGCPのCloud Launcherの「LAMP Certified by Bitnami」でインスタンスを建ててるので、環境によって設定ファイルの名前やディレクトリが変わります。

sudo vi /HOMEDIR/stack/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf
<VirtualHost _default_:80>
  DocumentRoot "/opt/bitnami/apache2/htdocs"
  ProxyPreserveHost On
  ProxyPass / http://127.0.0.1:7134/  
  ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:7134/
</VirtualHost>

上記のようにport:80のリクエストに、localhost:7134のレスポンスを返すように設定します。

SERPOSCOPEをsystemdでデーモン化

SERPOSCOPEを立ち上げっぱなしにするためにデーモン化します。

サービスファイルを作成

sudo vi /etc/systemd/system/serposcope.service
[Unit]
Description = serposcope

[Service]
ExecStart = /home/keisuke/serposcope.sh
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target
sudo systemctl start serposcope

参考サイト

Systemdを使ってさくっと自作コマンドをサービス化してみる

これで、外部IPアドレスやドメインでアクセスすると、SERPOSCOPEが表示されるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください