広告効果の最大化のためには、クリック単価を下げて最適な広告運用をするためには、「広告の関連性」と「ランディングページの利便性」を上げるのが良い。(当然LPOも大切だけど、)

広告の関連性

検索語句と、広告の関連性が重要になる要素。

広告キーワードをフレーズ一致や完全一致にして、検索語句を絞り、広告にキーワードをたくさん入れてあげることが重要。

また、広告の登録数は1つよりも3〜4ある方が良いらしい…(未検証)

現状では以下と言える。

  • 広告グループはキーワード別に作成する
  • 広告は広告グループごとに変更する

ランディングページの利便性

対策しても上手くいかなかった要素としては以下。

  • LighthouseやGoogleのPageSpeed Insightsの数値が高くしても、利便性は低いままだった。(改善が足りない?もしくは再チェックの時間?)
  • メインビジュアルのキーワードに、広告のキーワードを入れても変わらなかった。
  • GA上の数値では、直帰率はかなり低いが利便性は低いと評価されている。

まだ全然うまく行っていないので、下記を参考にする。

【事例紹介】ちょっとしたLP修正でお問合せの体感値増!?
https://quartet-communications.com/info/listing/technique/53854

https://quartet-communications.com/category/info/listing/technique

ランディングページの利便性を上げるための施策

ランディングページの利便性は、Google Analyticsのデータから読み取れるLPの効果の良さとは少し別に感じられる。
→ つまり、実際のユーザーの行動データと異なるロジックがある?

Google広告自体に蓄積されたデータや、LighthouseやGoogleのPageSpeed Insightsなどの bot が評価をしている

以下、上記の可能性を考えた場合。

コンバージョンを細かく設定する

Google広告のデータを利用しているとしたら、細かくCVが起こってくれた方が良いはず。逆にシステムの変更などで CVのカウントが漏れると影響するかも

マイクロコンバージョンの設定をして様子見をしてみる。

https://quartet-communications.com/info/listing/technique/55176

広告のキーワードを見直す

リスティングの場合、広告文とFVのテキストなどが異なる場合、検索キーワードが適していないため、来訪したユーザーが即離脱→ランディングページの利便性が悪いと判定されている可能性。

企業情報(about)を拡充させる

How to Write an About Us Page

内部リンクを増やす

ECやサービスサイトのトップページ等、リンクが多いページでの利便性が高い印象。もしかしたらギュッとLPを縮めて、テキストも簡素にまとめつつ各ページへのリンクを増やすのも効果的かもしれない。

全体のフォントを大きくする

Call to Action アイコンの色を変更する

電話番号を追加する/営業時間を入れる

キャッチコピーを変更する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください