【WordPress】author?updated?ウェブマスターツールでエラーが発生した時の対処法

Pocket
LINEで送る

使用しているテーマは「Twenty Twelve」

テーマがTwenty Twelve以外の人にはあてにならない可能性があります。

こんにちは。中村です。ブログを始めて、色々な設定などをこなしていくと、Analyticsを見たりウェブマスターツールを見たりするのが楽しくなってきます。

さて、昨日はハロウィンだったわけですが、そんなお祭りと無縁な私は、せっせと自分のブログの設定を行っていました。

途中、なんとなくウェブマスターツールを見てみたら・・・・

なんやんこれ。。。ということで、対応した内容を記載します。

updated がありません

そもそもupdatedってなんやん!と思って、英語が全くできない僕はググりました。

「updated」は動詞「update」の過去形、または過去分詞です

参照元;weblio
あぁ、「日時」が知りたいんですね。日時を上手いこと教えてあげればエラーはなかったことにしてくれるんですね。ということで、「updated」を入れる所を探します。

まあ、どう見てもここですね。

対処法:functions.php を修正する

WordPressの「外観 -> テーマの編集」から「functions.php」を選択してください。

行で言うと、だいたい370行目くらい。

   function twentytwelve_entry_meta() {
   // Translators: used between list items, there is a space after the comma.
   $categories_list = get_the_category_list( __( ', ', 'twentytwelve' ) );

   // Translators: used between list items, there is a space after the comma.
   $tag_list = get_the_tag_list( '', __( ', ', 'twentytwelve' ) );

   $date = sprintf( '<a href="%1$s" title="%2$s" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="%3$s">%4$s</time></a>',
      esc_url( get_permalink() ),
      esc_attr( get_the_time() ),
      esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
      esc_html( get_the_date() )
   );

はい、ここの「time class=”entry-date”」に「updated」を追加してあげましょう。

   $date = sprintf( '<a href="%1$s" title="%2$s" rel="bookmark"><time class="entry-date updated" datetime="%3$s">%4$s</time></a>',

author がありません

updatedと同様でしょう。

【名詞】【可算名詞】
1著者,作家,著述家 《★通例女性も含む》.
2(一作家の)著作物,作品.

参照元;weblio

同様でした。

ここですね。

対処法:functions.php を修正する

WordPressの「外観 -> テーマの編集」から「functions.php」を選択してください。

行で言うと、だいたい380行目くらい。

   $author = sprintf( '<span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%1$s" title="%2$s" rel="author">%3$s</a></span>',
      esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
      esc_attr( sprintf( __( 'View all posts by %s', 'twentytwelve' ), get_the_author() ) ),
      get_the_author()
   );

はい、ここの「a class=”url fn n”」に「author”」を追加してあげましょう。

   $author = sprintf( '<span class="author vcard"><a class="url fn n author" href="%1$s" title="%2$s" rel="author">%3$s</a></span>',

ライブ データをテストしてみる

一応、言われたとおりに修正してみたが、実際にウェブマスターツールさんがどう判断するのかはわからないので、テストを行って成否判定してもらいました。。。。

成功!!

まとめ

あまり把握していなかったのですが、データ構造に関しての知識が少しだけ深まった用に思います。まだ色々とエラーが起こっている箇所があるので、それも随時修正して直していきたいと思います。

SNSでもご購読できます。