よく使うMacのショートカットキーまとめ

Pocket
LINEで送る

こんにちは、中村です。「もっと早く仕事がこなせたらな」と思うことありませんか?PCでの作業が早い人の特徴としてあげられる項目に「ショートカットキーを多く知っている」というものがあります。作業1つにしてもトラックパッドで所定の箇所をクリックするよりも、さっとキーボードを打つだけで完了するのであれば、よりスマートに仕事をこなせそうですよね。

今回は、Macにまだ慣れていない方向けに、最低限押さえておきたいショートカットをご紹介します。

一般的なショートカットキー

コピー/複製

command+C選択範囲をコピーします。インターネット上やメールなどで、引用したい箇所などを抜粋するのに役に立ちます。

カット/切り取り

command+X選択している範囲の切り取りです。主に文書作成などの際に役に立ちます。

ペースト/貼り付け

command+Vコピーや切り取った内容を貼り付けます。コピーと合わせて貼り付ける一連の流れのことをコピペとも呼ばれます。

全選択

command+Aアクティブなアプリの選択が可能な項目を全選択します。ワードなどのファイルで、全選択をしてコピー、ペーストを行うことで全ての情報をコピペすることができます。

取り消し

command+Z直前の作業を取り消して、ひとつ前の状態に戻ることができます。

隠す

command+Hアクティブ(最前面に表示されている)Appを隠すことができます。

新規

command+N新しくタブを開いたり、新規ファイルの作成を行います。アクティブなAppの仕様によって挙動が異なります。

開く

command+OアクティブなAppで、新しいファイルを開きます。

保存

command+S作成しているデータや、ブラウザのページなどを保存します。
command+shift+Sで別名で新規保存を行うことができます。既存のファイルを残したままで新しくファイルを保存したい場合に使えます

閉じる

command+WアクティブなAppを閉じます。App自体はバックグラウンドで稼働しています

終了

command+QアクティブなAppを終了します。

強制終了

command+option+escアクティブなAppを強制終了します。クラッシュして動作不能に陥ったときの最終手段です。

Spotlight

control+spaceSpotlightの検索フォームを表示します。

Appの切り替え

command+tab起動しているAppの切り替えを行います。commandを押したままtabを押すことで、Appの選択を切り替えることができます。

スクリーンショット

command+shift+デスクトップのスクリーンショットを撮ります。
command+shift+ディスプレイの指定した範囲のスクリーンショットを撮ります。

ページ戻し

fn+1ページ分、上方向に移動します。

ページ送り

fn+1ページ分、下方向に移動します。

末尾に移動

fn+ページの末尾に移動します。

先頭に移動

fn+ページの先頭に移動します。

デスクトップを選択

command+Dファイルの開封や、保存先の指定時に「デスクトップ」を表示させます。

【参照元|Mac のキーボードショートカット – Apple サポート】

おわりに

今回、紹介したショートカットは、様々なAppで同様の働きをしますので、一度覚えておくと汎用性も高く作業効率があがります!

SNSでもご購読できます。